決済サービス「Stripe」に接続する

出品したサービスは、決済サービス「Stripe」を利用して決済され、最終的に隊員がシステムに登録した銀行口座に振り込まれます。

このページでは、Stripeでサービス料金を受け取るための手順を紹介します。原則一度行えばよいですが、支払を受け取るための銀行口座や本人確認書類の記載に変更があったような場合には、再度行っていただく必要があります。

登録に必要なもの

本人確認に必要な書類が主です。

  1. 本人名義の銀行口座(※必須)
  2. 本人確認書類の画像(※必須)
    以下が利用できます。パスポート以外は裏表とも必要です。
    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード(※顔写真付きであること)
    • 住民基本台帳カード(※住基カードのこと、顔写真付きであること)
    • 在留カード・特別永住者証明書(※外国籍の方の場合)
  3. SMSを受信できる携帯電話番号(※必須)
  4. 有効なメールアドレス(※必須)
  5. あなたの活動を見ることができるWebサイトのURL(※お援け隊のショップページで代用できます)

会社として登録する場合、上記に加えさらに以下のものが必要になります。

  1. 法人番号(※法人マイナンバーとも、必須)
  2. 代表取締役の個人情報、および本人確認書類の画像(※必須)
    上記の登録者が代表取締役の場合、これを兼ねることができます。

Stripeへの販売者登録

個人として登録する場合

  1. 事前に、隊員ダッシュボード画面の左にある店舗設定→ショップフロントページを開き、ストアURLをメモしておきます。
  2. 店舗設定→請求処理を開きます。
  3. 画面右中央付近の「支払方法の選択」で、Stripeに接続するを選び、その下の「Connect with Stripe」ボタンを押します。
  4. Stripeへの販売者登録を行います。
    1. 第1画面では国、法人のタイプ、携帯電話番号、メールアドレスを入力します。
      • 国は日本を選びます。
      • 法人のタイプは、個人として登録するため個人事業主を選択します。
        ※これは、後で入力する内容と必要書類に違いが出るため、重要です。
      • 携帯電話番号は、SMSを受信可能な電話番号を入力します。Stripeは、SMSで登録の存在確認を行います。
      • メールは、Stripeから直接連絡が必要な事項や更新内容を通知するため、受信可能なメールアドレスを入力します。
    2. 第2画面では、申請者の詳細事項を入力します。
      • 氏名は、本人確認書類にあるご自身の氏名を、フリガナとともに入力します。
      • メールアドレスは、第1画面で入力したものが入力されているため、そのままにします。
      • 生年月日は、本人確認書類にあるご自身の生年月日を入力します。
      • 自宅住所は、本人確認書類にあるご自身の住所を入力します。
      • 電話番号は、第1画面で入力したものが入力されているため、そのままにします。
    3. 第3画面では、お援け隊として登録するサービスについて入力します。
      • 業種は個人向けサービスの「その他の個人向けサービス」を選びます。
      • 事業のウェブサイトは、先ほどメモしておいたストアURLを入力します。
      • 商品、サービス内容の詳細は、どのようなサービスをお援け隊として提供できるかを入力します。
    4. 第4画面では、資金受取に使う銀行口座の情報を入力します。
    5. 第5画面では、 入力した情報の詳細を確認します。
      • 赤枠になっている個所について、不足している情報を入力します。
      • 事業詳細については、第3画面での入力内容に不足がある場合、それに対応します。
      • 申請者の情報については、ここで本人確認書類をアップロードします。本人確認書類として使用できるものは以下のものです。パスポート以外は、裏表ともアップロードが必要です。
        • 運転免許証
        • パスポート
        • マイナンバーカード(※顔写真付きであること)
        • 住民基本台帳カード(※住基カードのこと、顔写真付きであること)
        • 在留カード・特別永住者証明書(※外国籍の方の場合)
  5. すべての入力が完了すると、隊員ダッシュボード画面に戻ります。

個人事業主用の登録動画を埋め込み

会社として登録する場合

  1. 事前に、隊員ダッシュボード画面の左にある店舗設定→ショップフロントページを開き、ストアURLをメモしておきます。
  2. 店舗設定→請求処理を開きます。
  3. 画面右中央付近の「支払方法の選択」で、Stripeに接続するを選び、その下の「Connect with Stripe」ボタンを押します。
  4. Stripeへの販売者登録を行います。
    1. 第1画面では国、法人のタイプ、携帯電話番号、メールアドレスを入力します。
      • 国は日本を選びます。
      • 法人のタイプは、法人として登録するため会社を選択します。
        ※これは、後で入力する内容と必要書類に違いが出るため、重要です。
      • 携帯電話番号は、SMSを受信可能な電話番号を入力します。Stripeは、SMSで登録の存在確認を行います。
      • メールは、Stripeから直接連絡が必要な事項や更新内容を通知するため、受信可能なメールアドレスを入力します。
    2. 第2画面では、事業の詳細事項を入力します。
      • 法人名は、登記書類に記載の法人名とそのフリガナ、および法人のローマ字読みを入力します。
      • 法人番号は、国税庁法人番号公表サイト記載の13桁の識別番号を入力します。
      • 事業所在地は、登記書類に記載の住所を入力します。
      • ビジネス電話番号は、会社の担当部署の電話番号を入力します。
      • 業種は、会社の業種に最も近いものを選択します。
      • 事業のウェブサイトは、会社のWebサイトのURLを入力します。もし、会社のWebサイトがない場合は、先にメモしておいたストアURLを入力します。
      • 商品、サービス内容の詳細は、どのようなサービスをお援け隊として提供できるかを入力します。
    3. 第3画面では、ビジネス代表者の情報を入力します。
      • 氏名は、本人確認書類にあるご自身の氏名を、フリガナとともに入力します。
      • メールアドレスは、第1画面で入力したものが入力されているため、そのままにします。
      • 生年月日は、本人確認書類にあるご自身の生年月日を入力します。
      • 自宅住所は、本人確認書類にあるご自身の住所を入力します。
      • 電話番号は、第1画面で入力したものが入力されているため、そのままにします。
      • 入力している代表者が取締役会のメンバーの場合、「私は会社の取締役会のメンバーです。」のチェックを入れます。
        • 入力している代表者以外に取締役がいる場合、「あなたはこの会社の取締役会の唯一のメンバーですか」をいいえを、唯一のメンバーの場合ははいを選びます。
        • いいえを選んだ場合、追加で取締役の情報を入力することができます。
    4. 第4画面では、第4画面で「私は会社の取締役会のメンバーです。」のチェックを入れなかった場合に表示されます。代表取締役についての情報を入力します。
    5. 第5画面では、資金受取に使う銀行口座の情報を入力します。
    6. 第6画面では、 入力した情報の詳細を確認します。
      • 赤枠になっている個所について、不足している情報を入力します。
      • 事業詳細については、第3画面での入力内容に不足がある場合、それに対応します。
      • 申請者の情報については、ここで本人確認書類をアップロードします。本人確認書類として使用できるものは以下のものです。パスポート以外は、裏表ともアップロードが必要です。
        • 運転免許証
        • パスポート
        • マイナンバーカード(※顔写真付きであること)
        • 住民基本台帳カード(※住基カードのこと、顔写真付きであること)
        • 在留カード・特別永住者証明書(※外国籍の方の場合)
  5. すべての入力が完了すると、隊員ダッシュボード画面に戻ります。

企業用の登録動画を埋め込み